ハチの恐怖|害獣駆除は業者に頼もう【スピーディーに悩みを解消】

害獣駆除は業者に頼もう【スピーディーに悩みを解消】

ハチの恐怖

駆除

日本には様々なハチが生息しています。ミツバチ等は植物の交配に役に立っていますし、はちみつを作り出し、食卓に色を添えてくれます。しかし、ミツバチ以外のハチははっきりと害虫だと言えるでしょう。特にスズメバチによる死亡者は毎年いて、多くの人に恐れられています。その毒ははちみつを狙った熊をも倒す程です。なので人間が刺されるとひとたまりもありません。そんなスズメバチよりも毒が弱い事で知られているハチがアシナガバチです。アシナガバチはその名の通り、他のハチに比べて長い足を持っています。このアシナガバチによる死亡事故はあまり例はありませんが、アナフィラキシーショックなどによって死亡するというケースは出ています。アシナガバチは他のハチ同様に女王蜂中心にした巣を作ります。そして、その巣を攻撃しようとする敵に向かって攻撃する事が知られています。普段はおとなしい性格のアシナガバチなので、こういった敵意を見せなければ大丈夫でしょう。しかし、家の中や軒先に巣を作られたら話は違ってきます。毎日の家の出入りをアシナガバチが攻撃と勘違いして襲ってくる可能性があるためです。なので、屋内や家の近くに巣を作られてしまったらすぐに駆除を検討しましょう。もし、アシナガバチに刺されたら、ものすごい激痛が発生します。その痛みはスズメバチよりも強いと言われているため、大変危険です。また、2回以上刺されたら死に至ってしまいます。もし小さなお子様が刺されてしまうとなおさら危険でしょう。しっかり駆除しましょう。